既存ビジネスの強化に最適

企業のM&Aと言うと壮大な話ですが、IT業界においては、より小さな単位でM&Aが行われています。サイトM&Aと言う形で、サイトの売買が活発に行われている状況です。今回はサイトM&Aを行うメリットを目的別にご紹介します。

収益の柱

節税対策

サイトM&Aのビジネスモデル

サイトM&Aとは国内では2005年頃以降に始まった、サイト売買のことです。
既存のサイトの中には、長い時間と労力を掛けて、良質なウェブサイトを運営する様に成長させてきたものがあります。その試みは、サイトの性質にマッチしたドメイン名称を考案してウェブサイトを立ち上げることから始めて、内容の良質さからアクセス数を増やし、検索サイトのページランクを改善し、会員数を増やして、サイト内の広告収入などの確立を達成させるもので、一朝一夕にできるものではなく、優秀な担当者が苦労して制作したものです。
これを買収する企業としては、多くの会員数やアクセス数、そして検索サイトの上位常駐という、自社の広告媒体として極めて優れたものを、短期に手中に収めることができるだけでなく、サイトの持つ収益源も得ることができます。

サイトM&Aの実施上の注意点

サイトM&Aを行う場合、買収する側の企業側でも、そして買収されるサイト運営者側でも、双方で交渉に当たる担当者は、IT関連の諸技術と企業買収に関わる法的知識に精通する専門知識を持つ人があたることが必要になります。
その中で例えば、サイト運営者側が、「何を譲渡するのか」といった問題に関して具体的に文書化して、譲渡される商材がどこまでであり、何が含まれ、なにが含まれないか確認する必要が、事後の紛争の芽を摘む意味で必要です。
また、サイト運営者には、通常「競業避止」が求められます。これは、サイトを売却した後にサイト運営者が競合する別の会社で同じ内容のサイトで辣腕をふるったり、自身で新たに同様のサイトを立ち上げる様な行為をすると、売却されたサイトの価値を毀損してしまうからです。
この内容は、専門知識を持った担当者により、M&A実施時に確認されるべきもので、買収価格もその内容を踏まえたものであるべきです。