節税対策に最適なウェブサイトとは

企業のM&Aと言うと壮大な話ですが、IT業界においては、より小さな単位でM&Aが行われています。サイトM&Aと言う形で、サイトの売買が活発に行われている状況です。今回はサイトM&Aを行うメリットを目的別にご紹介します。

収益の柱

節税対策

節税対策にサイトM&Aが注目を集めている訳

日本国内の法人税は非常に高く、賢明な努力によって利益をあげても、非常に高い税金がとられてしまう状況です。
脱税は違法な手段となるので、もっての外ですが、合法の範囲で企業のその後の成長の為にも節税対策を行いたいものです。
車の購入や備品の購入、更には不動産投資など様々な形で節税対策が行われていますが、どれも本業には結びつきにくい物ばかりと言えます。
その様な中、近年、注目を集めているのがサイトM&Aです。
サイトM&Aとは、サイトを売買する事を指し、その後の運営から収益の授受までの権利を購入する事が出来ると言うものとなっています。
節税効果に加えて、攻めの経営にも効果があるので、幅広い業種で用いられている状況です。

節税対策として行う場合の注意点

サイトM&Aを節税対策として行う場合には、注意が必要です。
サイトによって1年で経費処理が出来るものと、5年で減価償却処理をしなければならないものに分けられます。
その年に稼いだ額に対して、最大の節税効果を期待したいのに、5年で減価償却を行うとなると効果が薄れてしまいます。
将来の事は誰にもわからないので5年後も利益が出続けている保証はありません。
かえって経費が負担になるケースもあるので、節税効果の最大化を図りたいなら、1年で処理が出来るサイトを選ぶ様にしましょう。
なお、1年で処理が出来るサイトと5年で減価償却を行うサイトの明確な違いの定義は無いのが実情です。
傾向としては、EC機能やログイン機能など本格的な構成のサイトは5年での減価償却が必要となり、簡単なアフィリエイトサイトであれば、1年での処理が出来る傾向にあります。
法が追いついてない状態なので、不安な際は税理士などに相談をするのが賢明です。